カートをみる ログイン・ユーザー登録 初めての方へ お問い合せ
RSS
 

K774 【Ver.A】 F187/88C 1987 Rd.15 1/43sacle Multi-Material Kit

●この商品はメーカー(MFH)発注KITとなります
●メーカーに在庫がある場合は2~3日で入荷いたします
▲メーカーに在庫がない場合は生産に10日程要し入荷となります
▼メーカーに在庫なく品切れの場合がございます。その場合すぐにご連絡をさせていただきます
◎ご注文の際上記内容を何卒ご理解を頂きまして、ご注文をよろしくお願いいたします
 barchetta HIRO



【会員登録されているお客様は下記ボタンよりログイン下さい】
membershop.gif

K774 【Ver.A】 F187/88C 1987 Rd.15 1/43sacle Multi-Material Kit
1987 Rd.15 Japanese GP #27 Michele Alboreto / #28 Gerhard Berger ・1987年型F187をキット化。 ・鈴鹿サーキットにおいて初めて開催されたF1グランプリにおいて、G.ベルガーがポール・トゥ・ウィンを飾った仕様を再現。

K774 【Ver.A】 F187/88C 1987 Rd.15 1/43sacle Multi-Material Kit

希望小売価格:
17,600円(税込)
価格:

14,400円 (税込 15,840円)

[ポイント還元 158ポイント~]
購入数:

■ 商品説明

[ F187 / F187/88Cについて -] 1980年以来の優勝無しとなってしまった1986年シーズンから巻き返しを図るべく、フェラーリF1チームは新設計のマシンで87年シーズンを迎えました。 基本設計をグスタフ・ブルナーが手掛け、彼がチームを去った後、新加入したジョン・バーナードが引き継ぎ改良を施したマシン、それがF187です。 F187は90度 V6 ツインターボを搭載し、ギヤボックスも従来の横置きから縦置き型にスイッチ、前年型より低くコンパクトでシャープなボディ形状を持ったマシンでした。 そして迎えた1987年シーズン、F187は新開発エンジンの信頼性の低さからリタイヤを繰り返しましたが、シーズン後半から徐々に成績が上向きになり、10年振りに日本で開催された第15戦日本GPにおいてこの年新加入のG.ベルガーがポール・トゥ・ウィンで初代鈴鹿F1王者となりました。続く最終戦オーストラリアでもF187は1-2フィニッシュを飾り、2連勝でシーズンを締めくくりました。 1989年よりノンターボにレギュレーションが変更されることを踏まえ、フェラーリは1988年シーズンをF187の改良型で戦う選択をしました。この88年型マシンがF187/88Cです。88年のグランプリはMP4/4とホンダエンジン、A.セナ&A.プロストというパッケージでマクラーレンが席巻し、F187/88Cは苦戦を強いられます。さらにこの年の8月、フェラーリの創設者でありチームの精神的支柱であったエンツォ・フェラーリが亡くなるという不幸も重なりました。そんな中、9月に開催されたチームの地元・イタリアGPにおいて、トップを走っていたマクラーレンのセナが周回遅れと接触しリタイア、ベルガーとアルボレートが1-2フィニッシュを果たし、エンツォへの弔いの勝利を飾り、また、マクラーレンのシーズン16戦完全勝利を阻む唯一の勝利として、人々の記憶に残るレースとなりました。 [ キット概要 ] ■ホワイトメタル、アルミ挽物、エッチングパーツ、ゴムタイヤ、シルクスクリーン印刷デカール等を使用したマルチ・マテリアル・キット。 ■ボディカウルは着脱可能で、完成後も内部構造を見ることができます。

■ 商品仕様

製品名K774 【Ver.A】 F187/88C 1987 Rd.15 1/43sacle Multi-Material Kit

ページトップへ