カートをみる ログイン・ユーザー登録 初めての方へ お問い合せ
RSS
 

K769 312B3 [1974]  1/12scale Fulldetail Kit


【会員登録されているお客様は下記ボタンよりログイン下さい】
membershop.gif
K769 312B3 [1974] 1/12scale Fulldetail Kit 1974 Rd.4 Spanish GP / Rd.5 Belgian GP #11 C.Regazzoni / #12 N.Lauda

K769 312B3 [1974]  1/12scale Fulldetail Kit

希望小売価格:
73,700円(税込)
価格:

60,300円 (税込 66,330円)

[ポイント還元 663ポイント~]
購入数:

■ 商品説明

[312B3 [1974]について] 1966年から69年にかけて60度V12エンジン搭載の312F1でグランプリを戦ってきたフェラーリチームは、低迷したチーム状況を打開すべく、 マウロ・フォルギエリら技術陣の手による新型エンジンを開発します。新しいエンジンは水平対向12気筒(正確には180度V12)となり、 サイズや重量面、重心といった面で60度エンジンからの性能向上が図られました。このエンジンを初めて搭載して1970年に登場したマシンは312Bと名付けられ、 その後このエンジンを搭載したマシンは71年には改良型として312B2となり、73年には312B3としてグランプリを戦いました。 改良を加えられていった312Bシリーズでしたが、初年度の312B以降は苦戦を強いられることが多く、フェラーリチームは改革を迫られることになります。 そして迎えた1974年シーズン、フェラーリはチーム体制とドライバーを一新、ルカ・ディ・モンテゼーモロがチームマネージャーに就き、 ドライバーはクレイ・レガツォーニと若きニキ・ラウダという新コンビでグランプリを戦うことになります。 マシンも改良が加えられ、モノコックとカウル、インダクションポッドが大幅に見直され、空力面と重量配分での改善を図りました。 この1974年型312B3によりフェラーリチームは息を吹き返し、コンストラクターズで2位、ドライバーズでもマクラーレンのエマーソン・フィッティパルディに 次いでレガツォーニが2位に入る活躍を見せるのでした。中でも、ハラマ・サーキットで行われたスペインGPでは、若きラウダがF1初優勝を遂げ、 またフェラーリに2年ぶりの勝利をもたらした記念すべきレースとなりました。 この74年型312B3は、その後の312TシリーズによるフェラーリF1栄光の時代の幕開けを告げる礎となったのでした。 【キット概要 】 ・1974年型312B3の中でも、N.ラウダが初優勝した第4戦スペインGPと、第5戦ベルギーGPの仕様をモデル化しました。 ・主要パーツにウレタン・ホワイトメタル・アルミ挽き物・エッチングパーツ・シルクスクリーン印刷デカール、各種コード類を使用した マルチマテリアル・フルディティールキット。 ・ノーズやカウルは取り外しが可能で、完成後も内部構造を観賞出来ます。 ・エンジンファンネル、マフラーエンド、ホイール、ホイールナット/シャフトはアルミ挽きもの製で質感高く再現。ゴムタイヤはメーカーロゴ印刷済み。

■ 商品仕様

製品名K769 312B3 [1974] 1/12scale Fulldetail Kit

ページトップへ